2008年1月29日 (火)

神楽岡公園散歩

今日も良い天気。
出掛けない訳にはいかないのが、今日の心境で、手頃な神楽岡公園の『歩くスキーコース』を滑ってきました。スノーモービルの跡を幾人もの足跡で、コースを形づくっているコース。普通に歩いても沈まないほど圧雪状態になっていて、ボブスレー親子がコースを引きずりながら歩いているぐらいだ。ストックだけで獣道のようにトラバース出来る道も所々にあり、コースを数人の方々が散歩で楽しんでいる場面も。
公園の中をスキーシューで歩くと、堅く締まった雪はエッジが効かず、直ぐに横滑りして、スキーがハの字になり気味で、バランスをたもつのに足に力が入りすぎてチョット疲れ気味。滑りづらいかも知れない。
林の中でアカゲラが木を突いている。それにしてもカラスが多い所だな。一時コースを外れて崖の道を登坂するが、人の足跡沿いなので結構、急斜面でも簡単に登れたのが意外だった!
Ca380114 Ca380115 Photo
 
 
 
駐車場(いつも停める場所)は除雪が行き届いて居ない為、1台がど真ん中に停めると、ニッチもサッチも行かない。先客が居て○北海の車が我が物顔に停められていて、一苦労だった。コース中に判った事だが、緑の相談所の所にも、河畔沿いの所にも沢山駐車場があるので、今度はそちらの方に停めるとしよう。
身近な所での散歩も此しかり。
では……………。

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

上岐登牛山裾野散歩

こんばんは
1月に入って東川は(全道的に)雪(例年の半分位かな~?)も少なく、寒さが厳しい日々が続いています。
今朝は、気温の今季観測で(自宅でのデジタル温度計)最も寒い『-25.1℃』を記録し、車のエンジンもようやく掛かった状態でした。この時期バッテリー上がりも気になります。原油高騰で道民の生活費は鰻登りと言った処ですが、灯油だけは節約の使用がこれ以上減らせられない所まで来ている感があります。
原油の動向は、WTIは先日、87ドルまで下がっているにも関わらず、一時期の100ドル時の価格がそのまま、引きずっているのも気になります。一度、値段を上げてしまうと、食品等も下がらないのが、世の常。
まさか、相場制にするというのも無理。かなりアメリカのサブプライムローン問題が原油高を誘発させる原因とは誰もが考えの及ばない所だったのでは、と思います。まして投資している庶民のファンドなどが加速させていると言うのも事実です。『自分で自分の首を絞める』とは思いも寄らない事ではないでしょうか?

チョット、雑談になりましたが、昨日、上岐登牛の裾野をスキーシューで散歩してきました。
林道沿いを暫く歩くと、真っ赤に実を付けたナナカマド?桑の実?が鮮やかに照れていました。好天に恵まれつつも、寒い中歩いていると、目立って赤い色が冴えます。
至る所にウサギの足跡があり、『ウサギの金座通り』と言う所ですネ! 枝や雑草の隙間に入ったり出たりしている小さな足跡、キツネの足跡も所々に見え隠れし、想像力を掻き立てられます。
木の伐採時に付けられた耕作道へコースをとり、直登へ。凸凹の道は時折ブッシュで行く手を阻まれ、サービスを繰り返す。急騰では≪ハの字≫で登ったりと、悪戦苦闘の末、倒木の日だまりで一服して、下山。
Ca380109 Ca380110 Ca380113
 
 
 
 
 
 
東川の町並みがうっすらと木々の隙間から覗けるものの、旭岳は薄曇りで見えない。ここだけは晴天に恵まれているのだが…? 登りに1時間ほど下りは20分で降りてしまう。凸凹の道を下るのは結構危険だ! スキーの先端が雪の中にのめり込んだり、時折、出くわすタラの木のトゲを避けながらの滑降だから、3回も雪中に突っ込んで、真っ白ヶになった。 それにしてもこの寒い時期の雪質はサラサラでスピードが出る事この上ないし、このパウダースノーを楽しむには打って付けかも知れない!
楽しい一時よこれからも、よろしくネ!
では……………。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

愛別スキー場周辺散策

こんばんは
今日は愛別町役場の裏にある愛別スキー場周辺のスキーシュートレッキングを楽しんできました。
Ca380100 Ca380105 Ca380106
 
 
 
 
 
 
愛別小学校が麓にあり、チョット懐かしいスキーリフト(手で持って腰にあて板みたいな物で登るリフト?)があるところで、標高差は100m程度と初心者向けのスキー場です。天候は吹雪きながらも、時折青空がポッカリと覗き、晴れる時も。そこの頂を越えて、国際ゴルフ場へのトレッキング(大袈裟に言うと)です。
積雪は1~1.3m程度で、パウダースノーが降り積もる中を歩いてきました。ザクザクとスキーシューが埋まり膝ぐらい(約50cm位)まで雪の中を行進です。辺りは広葉樹の中、ハッキリとした林道沿いを進む事1時間ほど、看板がある所でリターン! 帰りはすこぶる早さで、帰路へ。
Ca380104 Ca380108 Photo
 
 
 
スキー場では誰も滑っていないコースをシュプールを描きながら(結構深雪では滑りやすい!)下山。
汗を掻いたので、愛別・協和温泉でひとっ風呂浴びて帰宅。
まぁまぁの一日でした。
では……………。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

喜登牛山・山スキー

こんにちは
今日は日中天気が良かったので、喜登牛山へスキーシューで登ってきました。
カメラも携帯も持たなかったので、写真はありませんが………。展望台まで約30分ぐらいで、数日前に登ったと思われる痕跡があったので、割と登りやすかった。
頂上からの眺めは旭川の豊岡位まで見渡せたが、その背後には吹雪で真っ白な雪雲が迫っていた。
見晴台から滑り降りる事数十メートルぐらいで、雪に隠れた枝に足をすくわれ、まともに背中から転倒!雪だるまである!これも楽し。早々にスキー場側に回り込み、スノーボードの練習場所辺りまで滑走して、林の中に入り込む、駐車場方向をナビで確認して直進!
あっと言う間の一時でした。
では……………。

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

スキーシュー散歩(花神楽)

こんばんは やっとUPです。
先日から、タチのみそ汁を食べて食中毒っぽい腹痛で2・3日体調を崩していました。そのせいでクリスマスケーキは食べず仕舞い、子供達に全て食べられ、美味しい寿司は5貫程の脂っぽっく無い物ばかりでした。散々なクリスマスでしたが、子供達には最高のパーティーの様でした。
--------------------------------------------------
12月18日の散歩
今シーズン、足慣らしのスキーシューの感触を確かめに花神楽温泉周辺の散策に行って来ました。
まだ雪は10センチほどの積雪量、笹の上にこそっと積もった雪の上をスキーシューで歩くとガサガサ、ザクザクと音が聞こえる。
「sasaoto.mp3」をダウンロード
林の中は枝がはびこっていて、例年より雪が少ないか?短い距離をチョットだけ楽しんだ。
やっぱりキトウシの方が良かったかナ~。でも、良い感触だ! 
今年もスキーシューで楽しむぞ!
では……………。

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

くるみの沢ウォークへ

Photo 先週一週間は、娘がインフルエンザで月曜日に登校しただけで自宅療養で育児疲れでなんか体がだるい。それでも、昨日は東川町教育委員会主催の「くるみ沢観察ウォーキング」に参加してきた。
スキーシューでの参加には私を含めて3人、歩くスキー参加が3人、残り24人はスノーシュー、かんじきで参加していた。
くるみ沢散策道では、動物の足跡や冬の動物の生態や越冬の仕方などの形跡を観察しながら林の中を進む、中には推定600年ほどの大木や洞の大木も見られた。
葡萄ツルを利用したブランコやターザンごっこなども楽しかった。
野鳥は、北海道で10羽ほどしか確認されていないという、イヌワシが飛ぶのを観察できラッキーだった。ゴジュウカラが3羽木の表面を器用なほど樹皮を突いて虫を啄んでいる様子も観察でき楽しかった。ゴジュウカラが下向きの降りてくるのは独特の行動と聞いて感心した。
スタート地点に戻り、しきしま荘で温泉に入り帰宅、有意義な一日を過ごした。
今日はこの辺で

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

21世紀の森・中鶴根山スキーシュー登山

皆さんこんにちは
昨日、21世紀の森を散策してきました。
始めは天気も良く、車道をのんびりとぺーパンの湖方向へ向かって散策していました。途中、黒岳や愛別岳が薄曇りの中チョットだけ顔を覗かせていましたが、風と雪で吹雪き模様となってきたので、戻ろうと思いましたが頂上に展望台の櫓が建っているのに気付き、そこへ向かう事にしました。 出発から約1時間20分ぐらいでしょうか。戻るのももったいないので、向かいましたが、行けども行けども、一向にその櫓が見えてこないのです。小さな頂を囲むかのように(高度は稼いでいるのだが)近づいては離れる始末! 木陰からチラッと見えた櫓にもう突進!(亥年なので)雪崩の起きそうな北斜面を約1時間半掛かって要約頂上(中鶴根山=標高678m)に到着。出発からほぼ3時間も掛かった!辺りは時折吹雪で、景色は見えない。風が強いので15分ほどで下山開始。21世紀の森の散策道路を下山する。
Photo_3 Photo_4 Photo_5 下山の斜面はスキーシューにもってこいの傾斜度で、気持ちの良い滑降が数回楽しめた。これが醍醐味なのだろと思う!雪面は春先の様を呈し堅い表面がスキーの先端をのめり込ませ、靴の処でバリバリと音を立てて蓮の葉氷ならぬ、ビスケット状態が続く。30分で駐車場に到着。登りのあの辛さは何だったのだ?!
疲れたので ではこの辺で。
追伸:大雪山自然観察講座の「くるみの沢観察ウォーキング」・平成19年3月4日(日)に参加予定です。東川町農村環境改善センター内社会教育課でまだ受付をしてました。定員は35名だそうです。参加料は\500掛かります。   早々

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

大雪旭岳源水散策

こんにちは
今日は、大雪旭岳源水周辺を散策してきました。
まだこの時期寒い山の中、-6度の粉雪の中を歩いてきました。
東川の銘水場所で、冬なのに次から次へと水汲みの車がやって来ています。年中美味しい湧き水が出ており、コーヒーやお茶等に使う人、喫茶店の方などが来ます。
話を元に戻し、早速カルフを履き、林の中へ、新雪の粉雪の為25cm位沈むが、軽やかに進む、スノーシューよりは楽なものの、やはり少々辛いものがある。歩き出して30分頃から風が出てきて吹雪になってきた、木の枝に降り積もった雪の塊が風の勢いで枝が揺れ、一緒に雪や塊までもがドサッと落ちてくる。川岸をそれから約15分ぐらい歩いた所で、湧き水の吹き出し口らしき所まで来たので引き返す事に、風も強くなってきたし、上着は真っ白、風邪も引いていられないので、もと来たコースを引き返し、駐車場に到着。 
美味しい湧き水を呑んで帰宅。
Photo_1 Photo_2

では この辺で。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

キトウシ散策

こんにちは
昨日はキトウシ森林公園の小山を散策、勿論カルフで。
車を駐車場に停め、スキーシューに履き替え、夏場の登山道をゆっくりと登り始める。スノーシューの跡もあり、その後を辿って林の中を縦横無尽に登る格好に。城跡通過し、展望台まで約1時間で到着。薄曇りの天気だったが、見晴らしは遠く旭川まで見えた。
(旭川冬祭りは 2/8~2/12 旭橋河畔・常磐/買物公園で開催中)
(東神楽森林公園冬祭り 2/9~2/11 森林公園内で開催)
早々に展望台を後にして、キトウシ山頂上へ向かう事に、急な下りと立木でコースを誤ると、木と衝突しそうになるが、難なく回避し、盆地へ不時着。緩やかな斜面が延々と頂上まで続き、小学生のスキー授業を眺めながら30分ほどで到着(写真=チョイ悪オヤジ?)。 Photo
一服して下山開始。 ゲレンデを降りていくが、スピードは相変わらず鈍い。急斜面で滑降するが、踵が固定されていないので、シュプールには至らない。エッジも付いているが、横滑りがして、効かない。 マ!すり減り防止程度の加工かも。下りは、一部ゲレンデを通過して、城跡まで向かい、スカイラインコースをのろり滑降し、駐車場に到着、片付けて帰宅。
今回の散策で判った事は、
ゲレンデスキーには向いていない事だけは言える。向いているのは、湖周辺の散策、バードウォッチング、割と緩やかな(登り下りとも)登山。シール部分の一部が天気が良いと氷塊になっていた事だろうか。場所によっては15度位の急斜面でもある程度、直登できると判った事ですね。
楽しみ方が少々判ってきたこの頃でした。   ではこの辺で。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

カルフで散策

こんにちはカルフの感触を味わってきました。
板の幅がゲレンデスキーよりも広いので始めは少々ぎこちなかったが、直ぐに慣れた。
近くのにある東神楽公園の中を30分ほど歩いて、見晴らしの良い所で一息(写真)つき、帰路へ。乗り心地は上場で、登りは緩やかな傾斜(5~10度かな)ぐらいならそのまま、直進で登れ、下りはシールの抵抗もあり、同じ斜面を下るときは、ノロノロの滑降で、今にも前につんのめりそうな位ゆっくりなスピードだった。
Photo_1長靴でも履けるビンディングなので、前後の調整や固定するバンドなども締め付け程度を調整できるようにクリップの様な構造になっている。  これは便利!
一汗掻いて帰宅。
今日はこの辺で。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧