« 音江連山・スカイラインコース登山 | トップページ | マラソン大会出場断念! »

2009年10月 5日 (月)

限定版・美唄山登山

こんにちは~
昨日(10/4)は早起きの登山でしたが、少々寝坊ぎみ?
何故って、実は昨夜(10/3)強烈な腹痛が襲いかかり、何度もトイレに通う羽目に!どうやら牡蠣の天麩羅を食べると、1時間以内に腹痛になると言う症状! 今回で3度目!(二度と食べへん!) なんでやろ! 以前はそんな事はなかったのに。

それはさて置き、すっかり快調な回腸なので……(^_~)
予定の出発時間を30分遅れで美唄山へ向かう。
美唄山(びばいさん)は平成11年に登山ルートが開通したそうで、美唄の地元山岳会などの協力により維持されています。現在は道道美唄富良野線の改良道路工事が行われており、全面通行止めになっています。
しかし、美唄市や美唄山岳会等の働きかけにより、今年は7回の山開き・登山研修会が開催されました。
その最後となる研修会に昨日登ってきましたよ。
普段は登れませんのでご注意を!
今回、お世話になりました美唄山岳会の方々、お疲れさま。
7:35に二股沢に到着、持ち物だけは持ってきたが、支度は全然だったので、車の中で着替えから。
8:00に、いざ出発!
いきなり昨日の雨で増水? 渡りづらい所が3ヶ所。



歩いて間もなく15分程の場所だろうか、真っ赤に染まった楓の落ち葉の絨毯!気持ちの良い艶やかな気分にさせてくれる場所が20m位続いた。
次は急登が待ち受けていた。岩盤と枯れ葉で覆われた登山道は実に登りづらかったが、日本庭園まで登り詰めると、その努力も報われ、少し色づいた景色が広がる場所へと導かれる。
『あ~ 登山開始直後見た頂は日本庭園だったか!』と思いつつ、馬の背を淡々と進む。
凹部でコガラに遭遇、その後もノゴマ(多分?)も見かけるが、熊の臭気が鼻を付く処が幾箇所が気になった。
そのまま稜線づたいを進むと南東稜の登坂取り付きに導かれ、雨で濡れた泥の笹藪が続き、そこでようやく先発に追いつく。
9:30に南東稜に到着と同時に、富良野岳や夕張山地が突如目に飛び込んでくる。チリの少ない澄み渡る空気で遠方まで手を取るように見える!

暫く、山談義をしてから美唄山山頂へ向かう。
9:55 一等三角点・美唄山頂上到着
★頂上までL=3.0km 所要時間 1時間50分
肉眼での眺めは最高だが、写真で撮ったのは良かったのだが、ビデオ撮影したのは近距離にピントが合ってボケていた。
(恥ずかしいので私の顔が崩れています)
マニュアル撮影に切り替えた方が良かったナ!
00_ 04_ 05_
 
 
 
10:50 頂上でのくつろぎも充分満喫し、下山開始。
美唄山岳会最後の研修会と相まって、途中に設置されている補助ロープの片付け作業等を交えながらの帰路である。
相変わらずのRUN好きで、林道に出てから二股沢(駐車場)まで走ってしまった。
★下山途中はトラバースやロープ片付けなどもあって、L=2.9km 所要時間 1時間40分
12:30 駐車場到着。暫くして山岳会の方々も到着。
13:10 美唄ダム到着
13:40 ピパの湯ゆ~りん館)で汗流しして帰宅。
では、この辺で……………。

|

« 音江連山・スカイラインコース登山 | トップページ | マラソン大会出場断念! »

アウトドア(登山)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。