« 原付バイクでCO2削減努力 | トップページ | こころのふる里人形展拝見 »

2008年6月23日 (月)

山の祭り&姿見座公演無事終了

こんにちは
6月21日に行われた山の祭り(ヌプリコロカムイノミ)に参加してきました。
夕暮れ5時半からパーティーでジンギスカンを食べ、6時半から旭岳ファンクラブの山岳劇団「姿見座」が催された。
今年のテーマは去年に引き続き「地球温暖化」とポピュラーな題材ではあるが、各個人や企業が二酸化炭素排出量を減らす事・努力することを特に重視し『奪われし未来 in 姿見』として演劇が行われた。
私もナキウサギ役で、台詞なしで最終幕の出番だけでは有ったが楽しい一時を過ごさせてもらった。
少々の舞台係とナキウサギ役で写真は序盤位しか撮っていないが、参考までに4枚ほど掲載しますネ。
(1) 始まる前の円陣ファイト (2) 2050年の姿見
(3) ドクターテラ登場     (4) エコシフト
01_ 02_ 03_2050 04_
 
 
 
劇を終えて、想定していた演劇時間を遙かに上回る25分といつの間にか、長丁場となっていたようだ。
評判は時折笑え声が飛び交う中、真剣な眼差しで聞き入っている方も居られ、この劇の趣旨は達成されたのではないかと自負する所ではあるが、みなさんはどう感想を持たれただろうか?(コメントをカキコして欲しものだが………。)
7時半よりヌプリコロカムイノミ(登山シーズンの山の好天と安全を祈る山の祭り)が始まり、たいまつ行進、アイヌ民族伝統儀式、アイヌ民謡と踊りは粛々と行われた。
(1) たいまつ行進     (2) ファイヤーストーム点火
(3) アイヌ民族伝統儀式 (4) ムックリの演奏
(5) 弓の舞         (6) 鶴の舞
(7) アイヌ民謡にて全員でファイヤーストーム
(8) 余談ではあるが火柱に「馬」?

06_ 07_ 08_ 09_ 10_ 11_ 12_ 13_  
 
 
 
 
 
 
ムックリの音色は心に響き、神聖な気分にさせてくれた。
弓の舞、鶴の舞、最後に参加者全員で円陣を組みアイヌ民謡の中、楽しく踊って解散となった。
今年来れなかった方も来年は是非「ヌプリコロカムイノミ」に参加しては如何だろうか?
旭岳の麓で行われる祭りは早々ないので………。
では……………。

|

« 原付バイクでCO2削減努力 | トップページ | こころのふる里人形展拝見 »

アウトドア(その他)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。